CONTENTS

「建設工事における適正な工事設定等のためのガイドライン」改訂について

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(平成30年6月29日成立)に基づく改正後の労働基準法において、建設業については、平成31年4月の法施行から5年間という一定の猶予期間を置いたうえで、時間外労働の罰則付き上限規制の一般則を適用することとされました。

今般、働き方改革関連法の成立や関係省庁連絡会議等における議論も踏まえ、「建設工事における適正な工期設定等のためのガイドライン」が改訂されました。詳しくは下記をご覧ください。

http://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/news/2018/2018-07-06.html

page_top