2018年10月アーカイブ

現在、下記2部門について募集中です。(エントリー締切 11/30 募集締切 12/25)

「都市空間部門」:街路や公園等の公共空間とその周りの宅地・建物等が一体となって良質で優れた都市景観が形成され、それを市民が十分に活用することによって、地域の活性化が図られている地区

「景観まちづくり活動・教育部門」:良好な景観形成等のための活動を地域に根差して行っており、それらが地域の人々の良好な景観形成等への意識・関心の高揚等につながっている優れた活動

詳しくは こちら をご覧ください。

国土交通省主催の標記説明会が、東京、大阪の2会場で開催されます。

詳しくは こちら をご覧ください。

13回目を数える、下関市、北九州市両市による標記セミナーが開催されます。

今回は、北九州市門司港区の花と緑(植栽等)を中心とした景観をウォッチングし、これらの景観についてワークショップで議論していきます。

参加希望される方は こちら の申込書を当会あて送付してください。

このたび、国土交通省営繕部において、「営繕工事の生産性向上に向けた施工段階における関係者間調整の円滑化」の「納まり等の調整の効率化」の中で、「必要に応じて『総合図作成ガイドライン』を参照」とする旨の位置づけがなされました。

本講習は、発注者をはじめ多くの関係者の「総合図作成作成に対する意識」がさらに高まり、標準的な表現方法が定着することにより、建築物の品質構造・生産性の向上につながることを期待して、昨年に引き続き開催するものです。

この機会に、設計者、施工者はもとより発注者の方々にもぜひ受講いただきますようご案内申し上げます。

詳細、申込書は こちら をダウンロードして下さい。